「移住」に関連する記事

こんなジモトだったらいいな 市長×高校生 地方創生トーク!!

将来を担う高校生が考える、理想の地元とはどんなものなのでしょうか。平成28年度に実施予定の事業を交えながら、地方創生をテーマに、高校生と市長が意見を交わしました。

MIYAZAKI CITY 移住コンシェルジュ 宮崎市への移住をサポートします

 宮崎市は、市外からの移住希望者に対して、移住に関する情報などを提供する宮崎市移住センターを開設しました。 センターには、移住コンシェルジュを配置。本市に移住を希望する人の住まいや就職などに関する相談に応じたり、関係団体と連携して移住に関する情報の収集・発信などを行います。 また、インターネットやSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)などを活用し、本市を中心とした生活圏内の魅力や、本市の施策などを発信していきます。

10年越しの思いを実現 野菜と音楽でつながるにぎやかな暮らし|高鍋でよい暮らし

地元大阪でギター教室を経営しながら、各地で演奏活動を行っていた天満俊秀さんは、 奥さんである智恵子さんと共に2014年7月に高鍋町に移住。 町内にある宮崎県立農業大学校の「みやざき農業実践塾」を卒業し、 2015年7月から農業を営んでいます。

神奈川からきた 波乗り歯医者さん|高鍋でよい暮らし

サーフィンの聖地・ハワイの言葉“アイナ”。 「大地」や「土地」という意味の、この言葉を冠する「アイナ歯科」は、2014年11月に開業。 院名には、院長である小俣さんの、「高鍋の地に根ざした歯科になれるように」との思いが込められています。

おすすめ 広報誌

異国の地で57年。現地農業への尽力と故郷への思い

57年前に農業派遣でコロンビアに移住した新地学さん。経歴を辿りながら、移住当時の心境とふるさとへの思いを語る。

注目! パンフレット

移住者の声 西都に移住された方は、西都についてどのように感じているのでしょう?

西都に移住された方は、西都についてどのように感じているのでしょう?移住されたご夫婦3組にお話をうかがいました。

大好きな自然に囲まれて楽しむ第二の人生

東京から移住した木村晃彦さん・光子さん。たくさんの自然の中で、自然に感謝しながら暮らす人々。だからこそ綾町は自然と人が共生できるんだと話す。

「手づくりでしか出せない美を求めて」 ある陶芸家の物語

全国版の雑誌やテレビCMなどにも取り上げられる陶芸家・増渕篤宥(マスブチトクヒロ)さんの器。ここにいたるまでの道のりとは・・・?

「小林市に移住してみてどうですか?」と実際に聞いてみた!

「農家民泊を利用したときに感じましたが、基本的な生活が豊かで質が高いと思います」「都会からの移住者としては、バランスの良い街」と移住者の声。

THIS IS NOT YOUR AVERAGE JAPAN!ありきたりじゃない日本の魅力が、宮崎にはあります。(マット・ウエストコットさん)-キラリ宮崎人vol.03

宮崎市で輝いている人を紹介する「キラリ! 宮崎人」。今回は、宮崎のサーフシーンや人、風景を映画にした 映像作家のマット・ウエストコットさんです。