今月のお題「本・読書」 罪深き子羊たちよ、悔い改めよ!パームス 懺悔の部屋<第34回>

ここは、誰にも言えない罪を告白する、「パームス懺悔の部屋」。
正直に申せば、たぶんちょっとは許されるであろう。
迷える子羊たちよ、入りなさい。
今月のお題「本・読書」

特選 ~ゆるされざる大罪~

[準特選]

ここは、誰にも言えない罪を告白する、「パームス懺悔の部屋」。
正直に申せば、たぶんちょっとは許されるであろう。
迷える子羊たちよ、入りなさい。
今月のお題「本・読書」

特選 ~ゆるされざる大罪~

「『太宰はさー』って話してたときのドヤ感すごかったよ」って言われた。(はしょれメロス)

(神) 「伏線がさー」「読後感がさー」「ミスリードがさー!」。


準特選

7月の面接にて。
「趣味は読書とありますが」「ハイ、ハタチのころから月に10冊は読んでます」
「最近読んだ本はなんですか?」
「ハイ、面接必勝ガイドです!」。
(ブック〇フ行き)

(神) 「『起業したい君は、まずブラック企業に就職しなさい』です!」(注:実在します)。


次点 ~救いがたき罪~

便秘になると本屋に行きます。(うんこをお待ちのお客様)

(神) 本屋に行くと便意 = 「青木まり子現象」といいます(注: 本当)。


入選 ~今月の迷える子羊たち~

 我が子(小5)の読書感想文は、「ぼくなら猫にどんな名前をつけるか」についてえんえんと書かれていました。(名前はないってば)
(神) 吾輩は猫である。日本国籍はもうない。

 同じ部署に本好きの新人が入ってきて、立場的に必死で『あらすじで読む世界の名著』を読んでいる私。(ハリーポッターと賢者の結石)
(神) 『ムーミン』の原作なら当然読んだよ~。で、ムーミンって結局、こっち向いたんだっけ?

 いつか何かに応募しようと、山頭火の句集に走り書きした川柳が妻に見つかったこと。「訳言っても訳言っても怖いババ」。(いつかはサラ川)
(神) この大河、いいねと君が言ったから、七月六日は真田記念日。

 ばあちゃんの衣装タンスから、着物の間に隠してある八ーレクインロマンスが出てきて、無言になった遺族一同です。(白馬の騎士の誘惑だって)
(神) じいちゃんのフランス書院ライブラリーは、棺桶に入れてあげてください。


この記事をおすすめする人

今月のお題「本・読書」 罪深き子羊たちよ、悔い改めよ!パームス 懺悔の部屋<第34回> 写真

miyazaki ebooks編集部

宮崎県内の観光・情報誌や広報誌などを電子書籍にして、厳選された記事を読みやすくお届けします。

おすすめ

月刊パームス 10月号 No.299

アイコン:ブックを見るブックを見る

ピックアップ見る

こちらもおすすめ

人気記事

おすすめトピック