赤ちゃんと触れ合いましょう!

赤ちゃんは、人との関わりの中で影響を受けながら発達していきます。

[赤ちゃんの発達って?]

赤ちゃんは、人との関わりの中で影響を受けながら発達していきます。

また、体に触れたり、動かしたりすることで赤ちゃんが手足を自分の一部だと理解し、全身を自由に動かせる感覚が育っていきます。
発達の流れを知ることで、その時期に必要なコミュニケーションをとることができます。


赤ちゃんの発達って?

子宮の中では無重力で、全身を包み込まれ安定していた赤ちゃん。
産まれて初めて重力を経験します。
その初めての経験で不安になり、泣いたりぐずったりすることもあります。
人に抱っこされたり、動かされたりすることで、重力の変化に柔軟に対応できる力が育っていきます。


お座り、ハイハイの準備をしよう!

足全体を包み込むように触れ、足の指も1本ずつ触れていきましょう。
触れることで足が自分の体の一部であると知るようになります。


足の裏にタオルを敷くなど、何かに触れる機会を作りましょう。
触れる機会が少ないと、足を床につけることを嫌がる場合があります。


おもちゃを使って足を動かすことで、足で体重を支える基礎部分が育ち、足やお腹に力が入るようになります。


[問] 健康支援課 ☎0985-29-5286、FAX 0985-29-5208

この記事をおすすめする人

赤ちゃんと触れ合いましょう! 写真

miyazaki ebooks編集部

宮崎県内の観光・情報誌や広報誌などを電子書籍にして、厳選された記事を読みやすくお届けします。

注目!

市広報みやざき 2016年11月号

アイコン:ブックを見るブックを見る

ピックアップ見る

こちらもおすすめ

人気記事

おすすめトピック